人気ブログランキング |
← Pre Page | Next Page
2007年 11月 28日 ( 3 )
もみじ


PENTAX K10D、AUTO mamiya/sekor 50mm F2
ハイパーマニュアルモード、絞りF4、1/400、WB太陽光、ISO100、MF
by PTAN-YO | 2007-11-28 20:02 | PENTAX K10D
お土産松前寿司とリースリング
主人の出張土産の鯖松前寿司
c0136330_1529699.jpg


鰻とおくら新芽の酢の物
c0136330_15293121.jpg


WEINGUT HIRT-GEBHARDT
RAUENTHALER STEINMÄCHER RIESLING Q.b.A. HALBTROCKEN 2005
c0136330_15454130.jpg


白鶴酒造
特撰 白鶴 特別純米酒 山田錦
c0136330_1544181.jpg

by PTAN-YO | 2007-11-28 15:23 | 今日のごはん
あなたにぐっと近づけます♪
PENTAX製接写リングセット・ケース付、8000円でした。
c0136330_14194683.jpg


前々から噂には聞いていて、中古で安く売っていたら欲しかったんです。

これならお買い得かどうか分かるだろうと店員さんに聞いてみたらわざわざ調べてみてくれて、だいたい当時の販売価格の半額ぐらいじゃないか、という答えでした。

で、最近はPENTAX製のアクセサリー類はすごく値上がりしていて、接写リングセットは定価3万円もするそうです。

ケンコーとか他のメーカーの接写リングなら新品でももうちょっと安く買えるだろうと思いながら、なかなかお買い得なようで心がぐらり。

そして、実際に試し撮りしてみて、あまりの面白さに即購入決定となりました。(⌒∇⌒)

使い方は簡単、それぞれの接写リングをレンズとカメラの間にはめるだけです。


例えば、最短撮影距離80cmと素晴らしく寄れないリサゴンは、ここまでが精一杯です。
c0136330_14205273.jpg


でも、一番薄い接写リングを付けてみると、
c0136330_1422387.jpg


さらに、3枚はめると、あなたの知らないマクロの世界へ。
c0136330_14231588.jpg
リサゴンもびっくり。


最短撮影距離1mの寄れない我が家のカール・ツァイス135mmにはめてみると、見た目はまるで超望遠風になります。
c0136330_1425792.jpg


ピント合わせはすごく楽になるけれど、いくら頑張って手振れ補正してくれても、三脚なしじゃぶれてしまいます。

何枚か撮ってようやくこれぐらい。手持ちだと暇と根性が必要です。
c0136330_14261071.jpg
でも、135mmでここまで寄れるのも驚きです。

著者近影♪
c0136330_14265516.jpg

by PTAN-YO | 2007-11-28 14:28 | PTAN'Sレンズたち