人気ブログランキング |
← Pre Page | Next Page
2007年 10月 29日 ( 4 )
青空に柿の木


PENTAX K10D、AUTO TRAVENAR MC 35mm F2.8
ハイパーマニュアルモード、絞りF11、1/125、WB太陽光、ISO100、MF
by PTAN-YO | 2007-10-29 22:34 | PENTAX K10D
お寿司とオージーシラーズ
お寿司
c0136330_19323989.jpg
ぶり、まぐろ、帆立、真鯛、鰯、甘海老、イクラ、イカ、サーモン、穴子、煮海老、卵

京都おばんざいがんもの甘酢あんかけ発芽大豆のせ
c0136330_19353658.jpg


CUMULUS WINES
CLIMBING SHIRAZ 2003
c0136330_19365583.jpg

by PTAN-YO | 2007-10-29 19:31 | 今日のごはん
AUTO CHINON 35mm F2.8
AUTO CHINON 35mm F2.8
c0136330_183450100.jpg


レンズ構成は不明ですが、最短撮影距離50cm、絞り羽根枚数6枚、レンズ重量245g、最小絞りF22、フィルタ径φ55mmです。

検索するとオート・チノンの50mmならたくさんヒットするのですが、35mmはあんまりヒットせず、ようやく外国のeBayで売っているのを見つけたのですが、詳しいことはよく分かりませんでした。

チノンは、1948年から2004年まで長野県に存在し、1996年以降の本社は長野県茅野市にあったそうです。

カメラの鏡枠・鏡胴の生産を手始めに8mmシネカメラ、35mmカメラなどの製造に進出し、自社ブランド「チノン」のほか、国内外の多くのカメラメーカーにOEM供給行っていたメーカーだそうです。

1990年代に多角経営化に失敗し債務超過に陥い、その後1997年にコダック・グループの傘下に入り、2004年にコダック子会社に事実上吸収合併され、さらにその子会社は2006年にシンガポールの会社に売却されたそうです。

AUTO CHINON 35mm F2.8の写真
c0136330_191941.jpg

by PTAN-YO | 2007-10-29 18:24 | PTAN'Sレンズたち
AUTO TRAVENAR MC 35mm F2.8
AUTO TRAVENAR MC 35mm F2.8
c0136330_18304969.jpg


レンズ構成は不明ですが、最短撮影距離60cm、絞り羽根枚数6枚、レンズ重量190g、最小絞りF16、フィルタ径φ52mmです。

国産レンズという以外詳細は調べても全く分かりませんでしたが、TRAVENARと言えば、ドイツの中堅の光学機器メーカーで、ミュンヘンで創業され、後にヨーロッパ一の高さを誇る尖塔のある教会で有名なウルムに移ったアルフレッド・シャハト・ウルム・ドナウ社製レンズなので、この会社にOEM供給されたレンズだと思われます。

AUTO TRAVENAR 35mm F2.8の写真
c0136330_1904414.jpg

by PTAN-YO | 2007-10-29 18:23 | PTAN'Sレンズたち