<< 冬の花束 Pre Page | Next Page ローストチキンとロワール・クレマン >>
AUTO REVUENON 55mm F1.4
AUTO REVUENON 55mm F1.4、3800円でした。
c0136330_1753011.jpg


レンズ構成は不明ですが、最短撮影距離50cm、絞り羽根枚数6枚、レンズ重量280g、最小絞りF16、フィルタ径φ55mmで、M⇔A切り替えスイッチ付きの自動絞りレンズです。

これもドイツの通販会社クエレのカメラ部門「REVUE」向けの日本製レンズで、これも多分富岡光学のOEMではないかと思っています。

撮影距離表示の上のデザインが先日紹介したのF1.7と同じで、おまけに"TOMIOKA"の文字が入っているAUTO REVUENON 55mm F1.4は、とあるお店で49800円と高額で売りに出されすでに完売していました。さすが富岡、すごい人気ですね。(^^ゞ

これは日本のどこのレンズメーカーのOEMかは分からなかったのですが、F1.4と明るくてなかなか写りも良いし、このお値段ならいいかな~、と買ってみました。

これも大口径レンズに入るのでしょうか。レンズをのぞいてみると端までレンズが詰まっています。我が家のPENTAX 50mm F1.4とそっくりです。

c0136330_1754358.jpg
分かりにくいかな~。(^^;

AUTO REVUENON 55mm F1.4でいろいろ撮ってみました。
(写真をクリックすると、大きな画像を載せたページに飛びます。)

星の木
Pentax K10D、AUTO REVUENON 55mm F1.4
ハイパーマニュアルモード、絞りF4、1/60、AWB、ISO800、MF

こちらはISO1600で撮ってみました。
さくさく冬の道
Pentax K10D、AUTO REVUENON 55mm F1.4
ハイパーマニュアルモード、絞りF4、1/100、AWB、ISO1600、MF

このレンズもISO1600の粗さが目立たず、とても良い写りをしていますね。

絞り開放で撮ってみました。
赤い実
Pentax K10D、AUTO REVUENON 55mm F1.4
ハイパーマニュアルモード、絞りF1.4、1/800、WB太陽光、ISO100、MF

絞り開放ながらくっきりシャープな写りでびっくりです。ボケ具合も良いですね。

絞りF4で撮ってみました。
赤い実
Pentax K10D、AUTO REVUENON 55mm F1.4
ハイパーマニュアルモード、絞りF4、1/200、WB太陽光、ISO100、MF

くっきりながらもボケ具合もとてもきれいに写ります。赤色もとてもきれいに出てますね。

最後にもう一枚。
山の実り
Pentax K10D、AUTO REVUENON 55mm F1.4
ハイパーマニュアルモード、絞りF4、1/200、WB太陽光、ISO100、MF

写りも色合いもなかなか良いようですが、唯一の欠点は逆光に弱いことです。光が入ると大変なことになります。

太陽の光が入るとこんな感じに。
c0136330_184058.jpg


とはいえ、赤い実と山葡萄の写真の逆光での撮影のように、太陽光が入らないように撮影すれば大丈夫です。(^-^)
[PR]
by PTAN-YO | 2007-12-11 17:04 | PTAN'Sレンズたち
<< 冬の花束 ローストチキンとロワール・クレマン >>