← Pre Page | Next Page
タグ:ZOOM AF-λ 75-300mm F4.5-5.6 ( 17 ) タグの人気記事
2017-1-2 Moon&Venus
c0136330_18135786.jpg


月の見える地域の方は南西の空をご覧ください。

月と金星の寄り添う美しい姿が見えますよ。

18:05撮影。

FUJIFILM X-Pro 1
SIGMA ZOOM AF-λ 75-300mm F4.5-5.6
[PR]
by PTAN-YO | 2017-01-02 18:17 | FUJIFILM X-Pro 1
2016-10-16 Hunter's Moon
c0136330_1816266.jpg


FUJIFILM X-Pro 1
SIGMA ZOOM AF-λ 75-300mm F4.5-5.6
[PR]
by PTAN-YO | 2016-10-16 18:17 | FUJIFILM X-Pro 1
2015-7-31 Blue Moon
c0136330_20582125.jpg


PENTAX K-5 IIs
SIGMA ZOOM AF-λ 75-300mm F4.5-5.6
[PR]
by PTAN-YO | 2015-07-31 20:59 | PENTAX K-5 IIs
2010-11-7 Blue Impulse
c0136330_152533.jpg


c0136330_15271620.jpg


c0136330_15595239.jpg


c0136330_15285279.jpg


c0136330_15325752.jpg


c0136330_1535557.jpg


c0136330_15421761.jpg


c0136330_15363328.jpg


c0136330_15381450.jpg


まだたくさんあるので、もしよろしければご覧になってください。^^
[PR]
by PTAN-YO | 2010-11-07 16:10 | PENTAX K-7
カイツブリの親子たち
先日、石神井公園で撮ったカイツブリの親子たちです。動きが素早くてピント合わせが難しかったので、少々ピンボケなのはご勘弁を。(^^;ゞ

カイツブリのこちびさんたち(写真をクリックすると、大きな画像を載せたページが表示されます。)
もふもふこちびさん
正直言って、親鳥より雛の方がはるかに可愛いです。親鳥の目がちょっと怖い。(^^;

真ん丸な目

水玉乗せたこちびさん

仲良しこちびさん

雛を背に乗せた写真を撮れなかったので、せめて水玉を乗せた写真を。(^^ゞ


仲良く食事中の親子
大きな口あけて

「見~た~な~。」
衝撃映像

四者四様
いろんなこちびさん

シンクロナイズドカイツブリ
決まり!


PENTAX K10D、SIGMA ZOOM AF-λ 75-300mm F4.5-5.6+2X APK.TELEPLUS MC7
1、3、8枚目:ハイパーマニュアルモード、絞りF5.6、1/200、WB太陽光、ISO800、MF
2、4、5、7、9枚目:ハイパーマニュアルモード、絞りF5.6、1/250、WB太陽光、ISO800、MF
6枚目:ハイパーマニュアルモード、絞りF5.6、1/320、WB太陽光、ISO800、MF
すべてPhotoshop Elementsにて補正&8枚目以外はトリミングあり

ちょっと解説d(^-^)
カイツブリ(鳰、学名:Tachybaptus ruficollis)とは、カイツブリ目カイツブリ科に分類される鳥類の一種。
日本では公園の池などを含む多くの川・湖・沼等に生息していて、古くから「にお」と呼ばれている。多くの地域で1年中みられる「留鳥」だが、寒い地方で繁殖する個体は冬には温暖な地域へ移動する「漂鳥」である。
春から夏にかけて、ヨシや水草の陰にそれらの葉を使って浮き巣をつくり、産卵する。ヒナは小さいうちは親鳥の背中に乗っていることが多い。
滋賀県の県鳥に指定されている。琵琶湖には古来より数多く生息しており、琵琶湖の古名として「鳰(にお)の海」があるほどで、現在でも滋賀県大津市には「におの浜」という地名が残っている。「鳰鳥の」という枕詞にもなっている。(wikipediaより)
[PR]
by PTAN-YO | 2008-06-25 14:07 | PENTAX K10D
ジョウビタキ君
ずっと追いかけていてようやく撮れたジョウビタキのオスです。
これは3/16に撮影したもので、今はもう日本から飛び立ってしまったかもしれないですね。
c0136330_1614178.jpg

c0136330_17113959.jpg

c0136330_162398.jpg


PENTAX K10D、SIGMA ZOOM AF-λ 75-300mm F4.5-5.6+2X APK.TELEPLUS MC7
1枚目:ハイパーマニュアルモード、絞りF5.6、1/1000、WB太陽光、ISO1250、MF
2枚目:ハイパーマニュアルモード、絞りF5.6、1/250、WB太陽光、ISO1250、MF
3枚目:ハイパーマニュアルモード、絞りF5.6、1/800、WB太陽光、ISO1250、MF、Photoshop Elementsにて補正

ちょっと解説d(^-^)
ジョウビタキ(尉鶲)は、スズメ目・ツグミ科(ヒタキ科)に分類される小鳥。日本では冬によく見られる渡り鳥である。
モンゴル、中国西部からウスリー、サハリンなどで繁殖する。冬季はインド北部から中国南部、日本などに渡って過ごす。日本には冬鳥として全国に渡来する。
オスは頭上が白く、目の周りが黒いのが特徴である。メスは頭が淡褐色でオスとは簡単に見分けられる。胸から腹、尾にかけてはオスメスとも橙色をしている。
翼は黒褐色だが中ほどに白くて細長い斑点があり、ここで近縁種と区別することができる。
[PR]
by PTAN-YO | 2008-04-15 16:05 | PENTAX K10D
ひとやすみ
c0136330_2242548.jpg


PENTAX K10D、SIGMA ZOOM AF-λ 75-300mm F4.5-5.6+2X APK.TELEPLUS MC7
ハイパーマニュアルモード、絞りF5.6、1/800、WB太陽光、ISO800、MF
[PR]
by PTAN-YO | 2008-04-04 22:03 | PENTAX K10D
ホオジロとカシラダカ
こちらはホオジロ
c0136330_22511376.jpg
一年中見かける鳥で、特徴は、赤茶色の腹、黒っぽい茶色の頭。

こっちはカシラダカ
c0136330_2252846.jpg
冬鳥として渡ってくる鳥で、ホオジロと違うところは、白い腹だそうです。

もし間違っていたらごめんなさい。似た野鳥は見分けるのが難しいですね。(^^ゞ

PENTAX K10D、SIGMA ZOOM AF-λ 75-300mm F4.5-5.6+2X APK.TELEPLUS MC7
1枚目:ハイパーマニュアルモード、絞りF5.6、1/500、WB太陽光、ISO800、MF、トリミング有り
2枚目:ハイパーマニュアルモード、絞りF5.6、1/800、WB太陽光、ISO800、MF、トリミング有り


ちょっと解説d(^-^)
ホオジロ(頬白)は、スズメ目・ホオジロ科に分類される鳥の一種で、東アジアに広く分布し、顔の模様とさえずりが特徴的な小鳥。
成鳥の顔は喉・頬・眉斑が白く目立ち、「頬白」の和名はここに由来する。白色部の間は帯模様で仕切られ、オスはこの模様が黒いが、メスは褐色なのでよく観察すると区別がつく。幼鳥は顔の色分けが不鮮明で、全体的に淡褐色をしている。
シベリア南部、中国から沿海地方・朝鮮半島、日本まで、東アジアに広く分布する。日本では種子島・屋久島から北海道まで分布し、身近な野鳥の一つである。基本的に長距離の渡りはしないが、北海道などの寒冷地では夏鳥となる。

カシラダカは、スズメ目・ホオジロ科の鳥で、ときどき頭のてっぺんの羽毛を立てることからカシラダカの名がついたそうです。
ユーラシア大陸の高緯度地方で繁殖し、冬季は中国東部と少し離れて西部に渡ってすごす。日本には10月から翌年の5月ごろまで冬鳥として本州以南で越冬するそうです。
[PR]
by PTAN-YO | 2008-03-14 22:50 | PENTAX K10D
セグロセキレイ
c0136330_15204986.jpg
c0136330_1521795.jpg


ちなみにこちらはハクセキレイ
c0136330_15213224.jpg


PENTAX K10D、SIGMA ZOOM AF-λ 75-300mm F4.5-5.6+2X APK.TELEPLUS MC7
1、2枚目:ハイパーマニュアルモード、絞りF5.6、1/640、WB太陽光、ISO800、MF、トリミング有り
3枚目:ハイパーマニュアルモード、絞りF5.6、1/500、WB太陽光、ISO800、MF、トリミング有り

撮影場所:近所の川原

ちょっと解説d(^-^)
セグロセキレイ(背黒鶺鴒)は、主に水辺に住むスズメ目セキレイ科の鳥類。
頭から肩、背にかけてが濃い黒色で、腹部が白色で胸部は黒色。ハクセキレイと見分けがつきにくい場合があるが、本種は眼から頬・肩・背にかけて黒い部分がつながるところで判別できる。
日本の固有種で、北海道、本州、四国、九州では留鳥として繁殖し、対馬、伊豆諸島、奄美大島では冬鳥である。
[PR]
by PTAN-YO | 2008-03-07 15:18 | PENTAX K10D
キセキレイ
自宅からぽてぽてと歩いて40分ぐらいのところにある川原では、いろんな野鳥に出会えます。

いろいろ撮ったのにあまり上手く写せなかったんですが、せっかく撮ったので載せてみることにしました。(^^ゞ

まずはキセキレイです。

写真をクリックすると、大きな画像を載せたページに飛びます。
鴨とキセキレイ
c0136330_17261994.jpg


c0136330_17311570.jpg


c0136330_17331282.jpg


c0136330_1735146.jpg


c0136330_17372395.jpg


PENTAX K10D、SIGMA ZOOM AF-λ 75-300mm F4.5-5.6+2X APK.TELEPLUS MC7
ハイパーマニュアルモード、絞りF5.6、1/640、WB太陽光、ISO800、MF、トリミング有り


距離が離れるとやっぱりテレコンじゃ撮影が難しくなるし、トリミングをすると画質の悪さが目立っちゃいますね。(^^;ゞ

こうなるとデジスコについつい目が行っちゃうんですが、さすがにそこまで買う気にはなれません。

テレコンと一緒にのんびり野鳥さんを探してゆこうと思ってます。(^-^)

ちょっと解説d(^-^)
キセキレイは、スズメ目セキレイ科で、主に渓流などの水辺にいる鳥類。
旧北区、エチオピア区。ユーラシア大陸の中緯度地方とアフリカ大陸南部に分布する。日本では北海道、本州、四国、九州と周辺の島々で繁殖する。冬季は本州以南、琉球諸島に渡って過ごす。各地に留鳥または漂鳥として比較的多く、普通に見られる。
[PR]
by PTAN-YO | 2008-02-28 17:17 | PENTAX K10D